「僕が持つ!」けなげな姿に胸キュン

child-345523_960_720

シッティング中の胸キュン発言

こんにちは!ベビーシッターキッズライン コミュニティマネージャーの東マキです。
今回は、キュンとしてしまうエピソードを紹介します。

IMG_0171

抱っこできないなー

シッターとして保育園にお迎えに行ったときのことです。

いつもはところどころ抱っこをしながら帰り道を楽しむのですが、その日は保育園の荷物が重く、「今日は抱っこできないな」とAくんに伝えました。
すると電車に乗りたいと駄々をこねたり、抱っこをせがむことなく、その日は本当に頑張って歩いてくれました。

次のお迎えの日。
「僕が保育園バッグを持つ!」というので試しに渡してみると、よろよろと引っ張って歩くので、「やっぱり私が持つよ」と受け取りました。
すると今後は私のショルダーバッグを「僕が持つ!」と。
Aくんの背丈に合わせてできるだけショルダーバッグのベルトを短くして渡しますが、それでも彼には長く…。その可愛い姿と優しさにキュンとしてしまいました。

ママの帰宅後、ご報告をして嬉しさを共有しました。

IMG_0211

個別保育ならでは。胸キュンエピソードがいっぱい

いかがでしたか。
子どもの健気な姿に胸がキュンとしてしまいますね。
そんな子どもの姿に元気をもらって、明日も頑張りましょう!

0

この記事を書いた人

KIDSLINE
好きな時間・好きな時給で働けるベビーシッターサービスの「キッズライン」です。保育士シッターの皆さんの満足度は100%。プライベートとのバランスを上手にとりながら時給1000円以上で働いていらっしゃいます。 共働き世帯が増え、誰もが安心安全に利用できる育児支援が求められる中、個別保育に柔軟に対応できる育児パートナーであるベビーシッターの文化を日本に広められるよう活動しています。ぜひ応援お願いします!

関連するキーワード

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です