50代女性の仕事 新しい働き方としてベビーシッター、その魅力 – キッズライン

ほいくらいふ用

KIDSLINE

111

40代からベビーシッターを始め、1年半前にキッズラインと出会いました。自由に自分らしく働けるキッズラインにたくさんの魅力を感じました。『働くママをサポートすることは社会をサポートすること』同じ50代に是非この喜びを共有してほしいと思います。

以前はどのようなお仕事をなさっていましたか?

「ほっぺんくらぶ」という学研系列の幼児教室3つ運営していました。述べ10年間くらい関わりました。1時間半の親子一緒に楽しむ幼児教室で、お母さん同士の交流の場になっていることも嬉しかったです。お母様と子供が一緒に来るという形が良かったですね。子育て中のお母様同士の交流の場にもなっていました。

★L1390605

なぜ、キッズラインのベビーシッターになったのですか?

キッズラインのシッターのお仕事は、自分の持てる力を全部使えることが素晴らしいと思いました。私は、お料理やお掃除の他、ママからのリクエストでカラーセラピーもしています。働ける時間も時給も自由に決められることもすごいと思います。

35d697f4-b416-45d4-b863-8c6a3b0d34c9

キッズラインで働いて良かったことはなんでしょうか?

やはり直接お客様とやりとりができることです。私のプロフィールをみて、お問い合わせをいただけるのがとても嬉しいです。他の会社ですと、会社経由でお仕事が来るのでそこが違います。

カラーセラピーを受けたいとママからの要望も増え、ママがセラピーを受けた後、「気持ちがすっきりした」「ゆっくり自分のことを考えたのは久しぶり」と言ってくださいました。カラーの力で心もサポートしていきたいです。

今年に入り、外国の方からのリクエストが増えました。外国の方に信頼されること、日本で楽しく暮らすために色々な形でご家族をサポートできることは幸せです。

★L1120829

お仕事の必須アイテムは?

・体温計(ママに確認し忘れた時のため)
・爪切り(自分の爪のチェック)
・折り紙
・エプロンは必ず2枚(ミルクや家事で汚れることもあるので)
・使い捨てビニール手袋
・ビニール袋(ビニール手袋を入れるため)
・靴下(スリッパは危険なので使わない)
・運動靴(災害時のため、車の中に置いてます)

体温計はいざという時に測れるようにしています。サポートの最初にかかりつけの病院を聞いたり、保険証を置いて言ってもらったりしています。爪切りは自分の爪が欠けてしまったりするので、子供に怪我をさせないように持っています。

エプロン2枚は、家事をお願いされることも多いので、汚れたりするときに使用しています。ビニール袋はオムツを替えてみたら下痢だったらということもあるので、感染症予防です。あとは災害時用に運動靴を。いざという時に走れるようにしています。

b1b3f3b6-fadc-4721-aa84-1d02ba92ab29

キッズラインでこれから働こうと考えている方へメッセージをお願いします

子供が大好きで、誰かの役に立ちたいと思う方におすすめのお仕事だと思います。スマホひとつで集客から完了報告、給料管理までできます。たくさんの方と出会えます。17:00〜からは働くママが1番忙しい時間です。50代60代の元気な方がサポートできると、パパやママからとても感謝されます。

「働くママをサポートすることは、社会をサポートすること」やりがいのあるお仕事です!

★L1390470

いかがでしたでしょうか?

親御様の気持ちに寄り添い、きめ細やかなサポートで人気の井上さん。是非お気軽にご相談してみましょう!井上さんのプロフィールはこちらから。

0

この記事を書いた人

KIDSLINE
好きな時間・好きな時給で働けるベビーシッターサービスの「キッズライン」です。保育士シッターの皆さんの満足度は100%。プライベートとのバランスを上手にとりながら時給1000円以上で働いていらっしゃいます。 共働き世帯が増え、誰もが安心安全に利用できる育児支援が求められる中、個別保育に柔軟に対応できる育児パートナーであるベビーシッターの文化を日本に広められるよう活動しています。ぜひ応援お願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です