簡単に出来る☆ハローウィーンの工作〜飛び出すオバケ編〜

L1070404

イベントの多い秋の工作シリーズ。子どもと楽しく出来る工作で、一緒にイベントを盛り上げていきましょう!

今回は幼稚園勤務5年のご経歴があり、キッズラインのシッターとして大人気の暁子先生に、ハローウィーンで使える、簡単工作をご紹介して頂いています。前編のかぼちゃバスケットはこちらから

後編では、子どもが喜ぶこと間違いなしの可愛い「飛び出すオバケ」の作り方を教えて頂きました!

まず材料を確認しましょう

L1070235

・ハサミ
・両面テープ
・セロハンテープ
・ビニール袋(傘袋を半分に切ったものもオススメです)
・ストロー
・折り紙3種類(白・黒・赤系)
・紙コップ
・紙コップの色をつける黒画用紙

では早速作ってみましょう。

STEP1

黒い紙コップの下から1cm程度のところに、ボールペンなどを使ってグリグリと穴を開けていきます。
※ケガをしないよう注意し、親御さまに手伝っていただきましょう。
※紙コップに色をつける方法は、こちらのSTEP4 を参考にして下さい。

L1070251

STEP2

開けた穴にストローをさしていきます。

L1070298

STEP3

折り紙にで顔のパーツを書き、ハサミで切っておきます。

L1070261

L1070268

STEP4

顔のパーツの裏に両面テープを貼り、ビニール袋に貼っていきます。

L1070289

ストローに上のビニール袋をかぶせ、しっかりセロハンテープでとめておきます。
(この段階では、空気を入れて膨らませる必要はありません。)

L1070307

STEP5

コップに好きなシールを貼ったら完成です!
ストローからフーッと思いっきり息を吹きかけると・・ゆっくりと可愛いオバケが登場します!

L1070337

いかがでしたでしょうか?

顔のパーツを動物に変えたら、ハローウィーン以外でも使えるアレンジ可能な工作です!

L1070380

今回教えてくださったキッズラインの大人気シッター、暁子先生のプロフィールはこちらです。
暁子先生が教えてくださる「かぼちゃバスケット」はこちら

0

この記事を書いた人

KIDSLINE
好きな時間・好きな時給で働けるベビーシッターサービスの「キッズライン」です。保育士シッターの皆さんの満足度は100%。プライベートとのバランスを上手にとりながら時給1000円以上で働いていらっしゃいます。 共働き世帯が増え、誰もが安心安全に利用できる育児支援が求められる中、個別保育に柔軟に対応できる育児パートナーであるベビーシッターの文化を日本に広められるよう活動しています。ぜひ応援お願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です