暑さも吹き飛ばす!子供が喜ぶ、可愛いスイカ扇子

P2260104

KIDSLINE

993

夏休みは工作にチャレンジする、絶好の機会ですよね!

「小さい頃から、絵画・工作に楽しく触れることが大切です。」

元美術講師の大人気シッター・あやか先生に、この夏の暑さをも吹き飛ばせそうな簡単に作れる、可愛い「スイカ扇子」の作り方を教えて頂きました。3歳位から作ることが可能ということですので、是非チャレンジしてみましょう。

まず材料を確認しましょう

P2260062

<スイカ扇子の材料>用意するもの

・赤色の折り紙 2枚半
・緑色の折り紙  1枚
・画用紙(A3サイズ)
・割り箸
・はさみ
・黒ペン
・スティックのり
・粘着テープ(セロハンテープでも良し)

では早速作ってみましょう!

STEP1 

画用紙の上に赤色の折り紙を置き、周りに1〜2cm画用紙が残るように切っていきましょう。

P2260001

STEP2

緑色の折り紙を半分に折ったあと、三つ折りにして開きます。

まず半分にして、その後3つ折りにします↓

P2260008

開くとこうなります↓

P2260007

STEP3 

緑色の折り紙を線に沿って切っていきます。そのうち5枚を使います。

線に沿って切る↓

P2260012

5本使います↓

P2260016

5本のうち1本だけ、半分に切っておきましょう↓
P2260021

STEP4

画用紙の端にのりを付け、緑色の折り紙を貼っていきましょう。

両端にのりを付けたら、切った緑色の折り紙を貼っていきます↓

P2260027

真ん中には、赤色の折り紙も貼っていきましょう。このようになります↓

P2260037

STEP5

スイカの種を、黒ペンで書いていきます。

本物のスイカに見えるように、位置や大きさを工夫してみてください↓

P2260042

STEP6

蛇腹折りで折っていきましょう。

一度折ります。次に、裏返しして折ります↓

P2260046

繰り返していくと、このようになります↓

P2260056

STEP7

二つに折って、真ん中部分をのりで付けます。

画用紙を二つに折るのは力がいるので、親御さまに手伝って頂いても良いかもしれません↓

P2260065

真ん中をのりで、くっつけます↓

P2260070

最後にギュッと力を入れて、仕上げてください↓

P2260073

STEP8

割り箸で、扇子の持ち手部分を作っていきます。

割り箸を2つに割り、粘着テープを付けます↓

P2260085

扇子につけていきます↓

P2260091

両方つけましょう↓

P2260101

出来上がりです!

閉じておく時は輪ゴムでも良いですが、可愛いリボンなどを使っても子供が喜びそうですね!

DSC07330

いかがでしたでしょうか?楽しく作って巧緻性の勉強にもなる「スイカ扇子」。
夏祭りに行く時に浴衣姿に合わせても、子どもが喜びそうですね!赤いスイカはもちろん、中の色を黄色に変えてバリエーションを広げても楽しいと思います!是非お試しください。

今回の記事を担当してくれたのは

DSC06483

今回の記事を担当してくれた大人気シッター・あやか先生のプロフィールページはこちらです。夏休みを利用して、お子様と楽しい工作の思い出をぜひ作ってくださいね。

 

0

この記事を書いた人

KIDSLINE
好きな時間・好きな時給で働けるベビーシッターサービスの「キッズライン」です。保育士シッターの皆さんの満足度は100%。プライベートとのバランスを上手にとりながら時給1000円以上で働いていらっしゃいます。 共働き世帯が増え、誰もが安心安全に利用できる育児支援が求められる中、個別保育に柔軟に対応できる育児パートナーであるベビーシッターの文化を日本に広められるよう活動しています。ぜひ応援お願いします!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です